MIRAI-STATION KOBE

児童発達支援事業所 こども未来ステーション神戸
児童発達支援事業所 こども未来ステーション神戸

一人ひとりに合わせて

こども未来ステーション神戸では、お子様の発達状況や今すべき課題を見極めた上で、指導の方針や内容を考えています。また、お子様が実際の集団生活の中でも自分の力を発揮できるよう、通われる保育所・幼稚園などの機関とも連携していきます。

主体的に学べる
何をどれだけ・どのようにやると終わりなのかを明確にした教材や環境づくりをしています。
興味や遊びの幅を広げる
好きなことやイヤなことの原因や背景をさぐることによって要素を分析し、発展させていきます。
コミュニケーション、人との関わり方の練習ができます
自分の気持ちや意見を伝えること、集団でのマナーやルールなどを、具体的に実践していきます。

“人の行動には理由がある” 普段の生活で考えることはあまりないかもしれませんが、「面白いから→笑った」「悲しいから→泣いた」「おなかがすいたから→食べた」…よくよく考えると日々の何気ない行動にも理由がみつかります。そして、大半の人はこの矢印のつながりは似ていることが多いです。
でも、「どうしていいのかわからないから→笑った」「ドキドキして不安だったから→ふざけた」「その場にいたいから→飛び跳ねた」この矢印のつながりは、一見わからないことだらけに思えます。

明らかな遅れはないけれど発達に凸凹のある子どもたちの行動の理由(背景)は、このようにちょっとわかりにくいことも多く、そのため周囲から「どうして?」「なんで?」と思われることがあります。そして、目に見える行動だけで判断され、誤解されることも多いです。気持ちが沈むのは誤解された子どもだけでなく、「どうして?」「育て方のせい?」と悩んでいる保護者の方も同じではないでしょうか。“子育てに悩みはつきもの”や”子育てに正解はない”と言われますが、なかなか答えがみつからない悩みを抱え続けることや、周囲の人と悩みを共有できないことは、不安なことだと思います。

こども未来ステーション神戸では、子どもたちの行動の背景を保護者の方と一緒に考え、ひとりひとりに合わせた工夫をみつけていきます。また、同じような想いを抱えているお父さん・お母さんと出逢い、悩みや不安を共有していただける場になればと思います。子どもたちの「知ってほしい!わかってほしい!」想いや、保護者の方の「わが子のことを、知りたい。理解したい。」という想いに応えられるよう、これからも専門性を高めながら、子どもたちの健やかな成長と保護者の方の子育てのお手伝いをしていきたいと考えています。

管理者 脇井育恵 (作業療法士)

NEWS & TOPICS

こども未来ステーション神戸
2018.03.22

前回に続き、年長講座の報告です。 2月の年長講座は、「遅刻・文房具の使用」でした。 ****************** 前半は「遅刻について」 小学校への遅れて行くと、幼稚園・保育園と違った雰囲気です。 そういった雰囲…

こども未来ステーション神戸
2018.03.15

今年も残りわずかになってきました。 未来ステーションの年長児さんも、今週末が幼稚園・保育園の卒園式のお友だちが多いです。 卒園式も歌の練習やことばの練習等、練習することも多いようで、少しお疲れモードのお友だちも… こども…

こども未来ステーション神戸
2018.02.19

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」 あっという間に2月も後半。 年長児さんは卒園が少しずつ近づいてきました。 未来ステーション神戸も、利用を検討されている方の見学・面談や来年度のグループ編成など、新年度を迎える準備…

こども未来ステーション神戸
2017.12.28

12月25日に、クリスマスイベントを開催しました☆      ************ 今年は、近くのイオンスタイルumieさんから、スペシャルゲストも参加!! 今回は、写真中心でイベントの様子を紹介していきます。   …

こども未来ステーション神戸
2017.12.28

少し前になりますが、11月4日にこども未来ステーション神戸において、 幼稚園・保育園の先生向け講座『ちょっと気になる?!こどもの行動~なぜなぜ分析~』を開催致しました。 ************ 前半は、      ・発…

こども未来ステーション神戸
2017.12.13

****************** ちょっと…ではなく、2ヶ月前になりますが、10月イベントの「親子レク」は ころがしドッチでした。テーマは、「勝敗」 以前face bookにも載せましたが、10月イベントのポイントは…

こども未来ステーション神戸
2017.10.06

********************************** 今回は、幼稚園・保育園(所)で日々こどもと向き合っておられる先生方と「こどもの言動の理由を考える」講座を開催いたします。 「お話が最後まで聞けない、オ…

こども未来ステーション神戸
2017.10.06

昨年開催した、『親子で療育体験~こどもの“できた!!”を見てみませんか?~』 今年もやります! (こちらは「こども未来ステーション神戸」を知らない方向けのイベントです。) ************************…

こども未来ステーション神戸
2017.10.04

***************** 9月イベントの「親子レク」はハンカチ落としでした。 園でしたことがあり知っているお友だちや、初めてのお友だちもいました。 みんな最初は「ルール説明」からスタート。 日頃の療育同様、視覚…

事業内容

工作 イメージ画像

工作

制作活動を通して、手順を知り、手や目の微細運動を促したり、両手の使い分け、道具の操作を学んでいきます。

集団遊び イメージ画像

集団遊び

集団でのマナーやルール、自分の気持ちや意見の伝え方、相手との距離感などを視覚的に示し、分かって楽しく参加しやすくします。

感覚・運動遊び イメージ画像

感覚・運動遊び

運動遊びのなかで、体の基礎づくりや指示を理解する力をはぐくみます。

ご利用案内

対象年齢

未就学児小学校入学前のお子様(主に4から6歳児)

定員

1日10名

職員

児童発達支援管理責任者
保育士
児童指導員
作業療法士
社会福祉士

費用

通所給付費適用(国で定められた額)
※通所給付費の1割負担となりますが、ご家庭の所得により上限額があります。※教材費として月600円を別途でいただきます。

営業日

月〜土曜日(祝日を除く)

利用頻度

週2日(月火コース・水木コース・金土コース)
コースは年齢や発達段階により決定します。
お子様にあったコースをご利用ください。

こども未来ステーション神戸 ご利用の流れ

電話

まずは、電話でご予約を

※受付時間:平日9:00~16:00
078-599-5570
面談等についてご相談させていただきます。

見学

見学・面接

ご予約された面談日に、お子様と一緒にこども未来ステーション神戸までお越し下さい。お子様のご様子、得意なことや、ちょっと苦手なこと、保護者の方が困っていることなどをお話ください。面談後に当施設をご利用希望でしたら、次のステップへ。

申請

通所受給者証の手続き

お住まいの市・区役所の福祉窓口で「通所受給者証」の申請手続きをお願い致します。申請から受給者証の取得までには、お日にちが掛かります。

契約

こども未来ステーション神戸との契約

「通所受給者証」がお手元に届いたら、再度お電話ください。ご契約手続きを完了すれば、施設をご利用できるようになります。

アクセス

エスカレーター イメージ画像

①JR神戸駅から海側へ
エスカレーターを降りて地下街へ

広場 イメージ画像

②広場の左側の通路をまっすぐ

ハーバービュー イメージ画像

③ハーバービュー(大型マルチビジョン)奥のエスカレーターを上がる

サイゼリア横 イメージ画像

④サイゼリア横の出入口からビル内のエレベーターで9階へ

名称 児童発達支援事業所 こども未来ステーション神戸
所在地 〒650-0044神戸市中央区東川崎町1丁目3番3号 神戸ハーバーランドセンタービル9階
代表電話 078-599-5570
代表Email kobe@3rai.jp